道東の怪談2017

投稿日:

こわい話を収集したことはないし、数多く知ってもいない。なんとなく聞いた話、それを後日突然思い出して怖くなるものがほんの少しある。根拠も裏付けもない「お話」です。が、集まった話は角度を変えれば、ああこの話ちょっと道東っぽいなと、納得する自分もいるのです。怖い話が苦手な方、根も葉もない話が嫌いな方は今回の記事はなかったことにしていただければと思います。夏の夜のひまつぶしに、「こんな話あるんだなー」なんて思っていただけると幸いです。
夏期間限定で公開しようと思っています。

道東の中の異国  夏の根室・春国岱の「今行ける先端」に 立ってみた

投稿日:

根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターのHPでみつけた「まるで外国にいるような錯覚を覚える」という一文。聞いてみると鳥や花が多い夏がおすすめだそう。おじさんたちが砂の島、夏の春国岱・現在行ける第一砂丘のはしっこ到達に挑みます。

実際、道東の天気予報ってどうやって作られているの?

投稿日:

飛ばせばわかる、世界の天気の取材中、釧路地方気象台の沢田さんから「地上気象観測もおもしろいですよ」との言葉が。おもしろい、といわれて みすみす見逃すわけにはいかない!ってことで おじさん二人が再び気象台へお邪魔してきました。気象観測最前線、テクノロジー&経験と知識、気象台のお仕事についてお聞きします。そして「運動会に最も適した月」「季節の変わり目」など、聞いてみたかった質問コーナーもあるよ!

道東王への道~カード集め編①釧路・白糠

投稿日:

「公共配布カード」。日本全国各地で、それぞれ特色ある「ダム」、「マンホール」などを名刺サイズにカード化、その地へ行った証として配布されているというもの。カード目的に全国を周るという収集家もいるとか。まさかこの道東にそんなカードがあるはずが…!と思いましたが、もちろん、道東にもあるんです。

春を感じざるを得ない花を求め、落石岬をさまよう

投稿日:

道東の春を本で調べていると、とある名前が目に飛び込んできた。
ユキワリコザクラ。漢字で「雪割小桜」。この力強いネームの「春感」、見逃せない!
開花するという5月中旬を待ち、根室市落石にその姿を探しに行きました。

「春」+「道東」、で行ったのは、浦幌町。

投稿日:

春の記事として、待ちに待った季節の到来を 目に見える形でお届けしたい!道東 × 春 で今回注目したのは、1984~85年に 浦幌町で国内での自生が初めて報告されたという、「ウラホロイチゲ」。早春に開花するそうだ。4月中旬、浦幌町へ行ってきました。

ライターTommyの道東クエスト①幻の犬屋敷事件

投稿日:
10年くらい前の話になるが、とある企画で「300頭くらいの野犬の群れを見たことがある」という話があり、調べることになった。以下、その顛末である。