ふたたび 冬の道東に春の景色とコオロギを探してー阿寒湖畔・白湯山展望台・ボッケ遊歩道

投稿日:
マダラスズ(コオロギの一種)。一年前、弟子屈町ポンポン山にその姿を探したのが「かっこいい道東」はじめての記事でした。一周年の記念に もう一度 春の景色を追いかけて、今度は阿寒湖畔は白湯山(はくとうさん)の噴気孔原(ふんきこうげん)を目指してみることに。道東に一年中春の場所なんてあるわけねえだろ、ふたたび。

野鳥初心者から始めるシマエナガー 春採湖・温根内編

投稿日:
「シマエナガって、ほんとにいるの、あえるの?」。わからない。それどころか 、野鳥のことがなにもわからない。そんな野鳥素人が冬の妖精に会えるような奇跡があれば、「かっこいい」道東の一端に触れられるかもしれない。サイト 10,000 view 御礼企画 高橋side、知識ゼロからシマエナガに会うまでを目指した、わりとガチな ひと冬の記録。

2017年度 記事&動画 ざっくりランキング

投稿日:
趣味で自腹で道東をまわる、「かっこいい道東」。4月で一年が経ちます。本当にたくさんの方々にお世話になりました。サイト、動画、そしてSNSとまったくゼロから始めたこの一年。道東一 雑なランキングで振りかえります。

野鳥初心者から始める シマエナガー ⓪基礎知識&マナー編

投稿日:
たくさんのアクセスに本当に感謝。かっこいい道東 10,000 Views 御礼企画、
高橋の方のおじさんは 最も要望が多かった「シマエナガ
に会いに行く!
道東&野鳥素人のおじさんは 冬の妖精を見ることができるのか。
野鳥知識ゼロ&写真ヘタ&一眼レフカメラ以外の装備ナシ、の三重苦から始める、シマエナガ―への旅。

道東王への道~カード集め編②十勝・佐幌ダム編

投稿日:
北海道の東半分を まわって集める公共配布カードの旅、「道東王への道」。第2回目は、十勝
総走行距離400km弱
初夏の蝉しぐれの中、ライターTommyと十勝川水系を肌で感じてまいりました。

冬の朝咲く フロストフラワーを探してー標茶・塘路湖

投稿日:

厳冬の冬にこそ、咲く花があるという。
フロストフラワー。かっけぇ…。見てー。
「外にバケツ出しときゃいい。何なら水たまりにもできる」、なんて言われましたが。
馬鹿野郎っ!と言いたい。二回 言いたい。
バケツにロマンが宿ってたまるかよ…!超やってみたいけど。
せっかくの道東。でっかい水たまりが たくさんあるじゃないですか!

標茶町・塘路湖に、「フロストフラワー」を探しに行きます。

ライターTOMMYの道東アンモナイト②昆布森編

投稿日:
ノリとフィーリングで始めたものの、浜中町奔幌戸(ぽんぽろと)でやっぱり成果ゼロだった「アンモナイト探し」。そこで釧路近隣でよく化石採取をするという「かめ」さんにお聞きしたところ、釧路町昆布森海岸の東側で「カキ」、西側で「シジミ」の化石を取ったことがあるとのこと。奔幌戸の悲劇を乗り越え、我々はアンモナイトに近づくことができるのか。長期企画になりそうな予感におびえる高橋をよそに、虫と恐竜とアニメが大好き・ライターTOMMYが元気いっぱいにお送りいたします、「道東アンモナイト」第2回です。

ライターTOMMYの道東アンモナイト①奔幌戸編

投稿日:

思いのほかたくさんのビューをいただいた「かっこいい道東」。その感謝の気持ちをなにか企画であらわしたい!当サイト ライター2人がそれぞれ企画を立て、いつも見て下さる読者に「ありがとう」の気持ちを伝えます。
ライターTOMMYが出した企画は「子供たちのためにアンモナイトを見つける」。
おじさん二人がほぼ手探りで、道東にアンモナイトを探してみます。

観光コンシェルジュにすべて 丸投げして、阿寒町を行く

投稿日:

阿寒町にいきたい。しかし我々は愛と悲しみの 道東素人。どこに行っていいのかわからない。
そんな時、ネットで見つけた「観光コンシェルジュ」。道の駅 阿寒丹頂の里にいるそうだ。
阿寒観光のスペシャリストに違いない。
すべてを観光コンシェルジュ様に丸投げして、阿寒町に行ってきました。

アッケシソウはカキ島の夢を見るか

投稿日:

厚岸町に「アッケシソウ」を見に行きたい。
地面に広がる紅葉・別名「サンゴソウ」。秋のオホーツク海沿岸を彩る風物詩として有名とか。
見たい。でもアッケシソウなら厚岸で見てみたい
謎すぎるその生態、厚岸町のアッケシソウの現在、そして未来。聞いてきました!